本体が短めで持ちやすく使いやすい商品です。
タバコみたいに小さいのに、しっかり光って優れものです。旦那も喜んでました。夜空に向けて使いたい代物!
キャンプなどの遊び道具!海外出張時の屋外で使用しました。激安レーザーポインター携帯に便利なので重宝します。遠くからでも明るく見える緑色光を採用したレーザーポインターです,従来の赤色光より約8倍明るく見える緑色光により、色覚の個人差を問わずレーザー光の視認性を向上させました。
猫のおもちゃ用に購入しました。
すごい明るさで、夜空に向けると緑色の筋ができます。
今までの赤色猫レーザーポインターより猫の反応が良く、すごく楽しんでくれるので、買って良かったと思いました。初めてレーザーポインターを購入しました。商品自体は全く問題なく使えていて、満足しています。

500mW 強力レーザーポインター

レーザーポインターは、その出力によって4ランクに分けられていて、弱い方から[クラスⅠ、クラスⅡ、クラスⅢA、クラスⅢB]となっています。かつては、クラスⅢAランクの物もキーホルダータイプのおもちゃで出回っていましたが、危険性から今や全く見なくなりました。会議やプレゼン用のレーザーポインターは、文具メーカー等から市販されていますが、全てクラスⅡのものです。光の屈折や直進を演示するのには、もう少し出力が欲しい場合もありますし、クラスⅡの市販品でも最低3000円程度しますので、なかなか数は揃えられません。秋月電子通商のインターネットショッピングのページを見ていましたら、おそらくかつて流通していたころのグリーンレーザーポインター 200mwの主要部分が、販売されていました。部分とは言っても、3Vの電源をつなげば即、使える完成品です。

この2色しかできない理由などあるのでしょうか
現在では既に色んな人が答えているように青色のLEDも存在します。
まだ価格が高い天体観測レーザーポインターので普及していませんが。http://www.laseronsale.com/laserpen_green/p-7140.html

>レーザーポインター、これも赤しか見たことが無いのですが、これも赤しかできない理由はありますか?
レーザはLEDの親戚ですが、更に製作が難しいため、一応あるのですが、高価なためポインターには使われていません。
最近盛んに開発が進んでいます。この間も松下がSHGという手法を使った青色レーザの製品化を発表しました。
目的はDVD(デジタルビデオディスク)です。その場合でも、超大型のレーザー兵器にもかかわらず、高い山の上に建設しなければならなかったようです。
また、照射するエネルギーが低いと破壊力を得るために相対的に照射時間が長引くので、あまりに速い動きをするものでは一点にエネルギーを集中できず、破壊できない場合もあります。
レーザーなのか、ビームなのか分かりませんが、自由電子レーザーを挙げておきます。
自由電子は粒子であり、磁場などの外界からの力がなければ基本的に直進します。
自由電子レーザーは、自由電子を磁石を用いて波の動きを持たせ、それを通常の光学レーザー距離計に位相(波の動き)を同期させたものです。
出力は光学レーザーの約100倍程度だそうです。
細かい情報は参考URLの「FEL装置」のページを参照してみてください。
問題は大きさですね。とても銃には見えません。

10000mw高出力レーザーポインター





このサイトは無料ホームページ作成.comで作成されています